Google
まいど〜! 大阪人のかっちんです。 こちらでは、私の私的感覚で、世の中を見ていきたいと思ってます。 ご意見・ご感想等々いただければありがたいです。 AAまいど〜! 大阪人のかっちんです。 こちらでは、私の私的感覚で、世の中を見ていきたいと思ってます。 ご意見・ご感想等々いただければありがたいです。

もうひとつの誕生日♪



ブログの読者が増えるブログランキング



まいどです♪


本来なら今日の日記はmixiとかでUPしたらコメントとかいただけて

反響もあるのだろうけど・・・



あえて、この顔の見えない人にも読んでもらいたくて・・・


10年前の今日、翌3日の朝には雪が積もったくらいだから

かなり寒い日でした。


彼女は子宮筋腫のため麻酔を受けて手術室に消えていきました。


手術中、突然執刀医に呼び出され、手に彼女の血をつけたままの

医師が私にこう言いました。



「子宮筋腫だと思ってお腹を開けてみたら違うかった」

「これから外科手術になるけどよろしいですか?」


お腹を開けたままの彼女をそのまま放置できる訳がない。

手術を続行してもらいましたが、病名は子宮筋腫ではなく

子宮の外側の癒着した私の拳よりも大きいガン細胞でした。


子宮を取られるつもりだった彼女の落胆は、

もう子供を産めないというショックから命の危機に直面した

人間としての恐怖に変わっていきました。


もちろん私もそうでしたが・・・


術後、担当医や看護婦と家族との相談の場が設けられました。

私はいろいろ聞きたいことをメモし、それを自分ではなく

彼女の兄貴に託し、自分は冷静に今後の治療方法などを

メモするつもりでボールペン片手に話を聞いていました。


治療方法の話で放射線治療の説明をしているときに

担当医である今でも日本の名医百選に顔写真入りで載ってる医者が

「抗がん剤や放射線治療をやっても何年持つかは分らないし

助かる奴は助かるし、死ぬ奴は死ぬ」


患者を前にした担当医の言葉である。


私はメモを取るためのボールペンが真っ二つに折れてるのに

気づいたのは妻の崩れていく姿を見てからであった。




その後、私たちはセカンドオピニオンという形を選びました。

その時、同席した看護士さんたちも

その方がいいと言ってくれたからでした。


幸い、替わった病院の先生は在宅での治療を選択してくれて

いつ死ぬか分らないと言われた嫁は今も元気でやってくれてます。



あの日から私は今日2月2日を彼女のもうひとつの誕生日だと思い、

毎年、ショートケーキを買って帰るんですが、

今日は、あの日から10年目!


バースディケーキを買ってきました。

ろうそくを立てて今から乾杯してきます♪


10年間頑張ってくれてありがとう!


そして、これからよろしく♪
この記事へのコメント
(。・ω・)ノ ドモ

久々に覗いてみたら。。。

ビックリしました。



私も4年前に子宮ガンの手術をしています。

子宮ガンは、治るガンとは分かっていても不安でした。

ま、私の場合は早期発見だったのでよかったのかも。

今じゃ病気だったことがウソのようにピンピンしてるもん(笑


でも奥様は、それとは違うようで大変でしたね。

どうぞ大切にしてあげて下さいね。


この記事を読んで超過保護なウチのご主人様に

『うぜぇ〜』なんて思わないようにしないと!

と、ちょっち反省しました。(笑


子供達は、いずれ巣立って行くんだから、

ずっとず〜〜と二人で仲良く幸せに暮らせますように。。。
Posted by 超極秘!初心者でも稼げるアフィリエイト情報大暴露!うさぎ at 2009年03月11日 20:00
CHIAK………(汗


うさぎさん♪

コメントありがとうございます(^O^)/


精神的にめっちゃ辛かったでしょ?


子宮ガンは完治しやすいとか言われてますが、定期的に検査だけは受けてくださいね♪


早期発見できてよかったですね!
Posted by かっちん at 2009年03月13日 14:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113575637

この記事へのトラックバック

2009年02月02日

もうひとつの誕生日♪



ブログの読者が増えるブログランキング



まいどです♪


本来なら今日の日記はmixiとかでUPしたらコメントとかいただけて

反響もあるのだろうけど・・・



あえて、この顔の見えない人にも読んでもらいたくて・・・


10年前の今日、翌3日の朝には雪が積もったくらいだから

かなり寒い日でした。


彼女は子宮筋腫のため麻酔を受けて手術室に消えていきました。


手術中、突然執刀医に呼び出され、手に彼女の血をつけたままの

医師が私にこう言いました。



「子宮筋腫だと思ってお腹を開けてみたら違うかった」

「これから外科手術になるけどよろしいですか?」


お腹を開けたままの彼女をそのまま放置できる訳がない。

手術を続行してもらいましたが、病名は子宮筋腫ではなく

子宮の外側の癒着した私の拳よりも大きいガン細胞でした。


子宮を取られるつもりだった彼女の落胆は、

もう子供を産めないというショックから命の危機に直面した

人間としての恐怖に変わっていきました。


もちろん私もそうでしたが・・・


術後、担当医や看護婦と家族との相談の場が設けられました。

私はいろいろ聞きたいことをメモし、それを自分ではなく

彼女の兄貴に託し、自分は冷静に今後の治療方法などを

メモするつもりでボールペン片手に話を聞いていました。


治療方法の話で放射線治療の説明をしているときに

担当医である今でも日本の名医百選に顔写真入りで載ってる医者が

「抗がん剤や放射線治療をやっても何年持つかは分らないし

助かる奴は助かるし、死ぬ奴は死ぬ」


患者を前にした担当医の言葉である。


私はメモを取るためのボールペンが真っ二つに折れてるのに

気づいたのは妻の崩れていく姿を見てからであった。




その後、私たちはセカンドオピニオンという形を選びました。

その時、同席した看護士さんたちも

その方がいいと言ってくれたからでした。


幸い、替わった病院の先生は在宅での治療を選択してくれて

いつ死ぬか分らないと言われた嫁は今も元気でやってくれてます。



あの日から私は今日2月2日を彼女のもうひとつの誕生日だと思い、

毎年、ショートケーキを買って帰るんですが、

今日は、あの日から10年目!


バースディケーキを買ってきました。

ろうそくを立てて今から乾杯してきます♪


10年間頑張ってくれてありがとう!


そして、これからよろしく♪
posted by かっちん at 21:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
(。・ω・)ノ ドモ

久々に覗いてみたら。。。

ビックリしました。



私も4年前に子宮ガンの手術をしています。

子宮ガンは、治るガンとは分かっていても不安でした。

ま、私の場合は早期発見だったのでよかったのかも。

今じゃ病気だったことがウソのようにピンピンしてるもん(笑


でも奥様は、それとは違うようで大変でしたね。

どうぞ大切にしてあげて下さいね。


この記事を読んで超過保護なウチのご主人様に

『うぜぇ〜』なんて思わないようにしないと!

と、ちょっち反省しました。(笑


子供達は、いずれ巣立って行くんだから、

ずっとず〜〜と二人で仲良く幸せに暮らせますように。。。
Posted by 超極秘!初心者でも稼げるアフィリエイト情報大暴露!うさぎ at 2009年03月11日 20:00
CHIAK………(汗


うさぎさん♪

コメントありがとうございます(^O^)/


精神的にめっちゃ辛かったでしょ?


子宮ガンは完治しやすいとか言われてますが、定期的に検査だけは受けてくださいね♪


早期発見できてよかったですね!
Posted by かっちん at 2009年03月13日 14:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113575637

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。